糖尿病治療は軽度の内に|早期治療で慢性化防止

Doctor

薬になるべく頼らない

生活習慣改善が大切です。

Pill

糖尿病の治療は1型か2型によって方法が違います。1型は血糖をおさえるインシュリンの数そのものが少ないため、インシュリン注射を定期的に打つことが必要とされています。一方2型は生活習慣の乱れカロリーや糖質、脂質の過剰摂取や運動不足が原因とされています。それにより、血糖過多状態になり、インシュリンの血糖吸収が追いつかない状態となっています。またインシュリン治療より生活習慣の改善が効果があるとされています。つまり、特別な措置や健康食品等を買わなくても糖質制限した食事や定期的な運動である程度回復が見込めるのです。ですがこれは病気の進行具合にもよります。仮に重篤した状態のときには適切な医療介入が必要とされています。

薬は費用が倍になります。

糖尿病治療において、診察と食事療法や運動のみならその費用は3000円ほどとなっています。これは社会保険が適用された場合の平均金額です。一方、経口治療薬2種類の場合は7000円ほどとなっています。そして、インシュリン注射の場合、経口薬や検診等も加わることから、価格は10000円ほどとなります。勿論、糖尿病の症状に応じて薬や注射の投与が決められますが、糖尿病2型の場合は一番大切なのは根本を正すことです。血糖を上げる食事やカロリーの高い食事を控えたり、運動を取り入れたりするため、可能ならば薬に頼らず、生活習慣改善に重きを置いた方が身体面においても経済面においてもよいとされています。糖尿病になってからだと大変な思いをしてしまうので、事前に予防や対策を心がけておきましょう。