糖尿病治療は軽度の内に|早期治療で慢性化防止

Doctor

運動療法で改善

糖尿病治療の運動療法とは

Pill

糖尿病治療としての運動療法には、体力の維持増強の他に、筋肉量の増加による基礎代謝の向上、それによる高血糖や脂質異常の予防や改善等の効果があります。また、筋肉だけでなく心肺機能も向上するため、高血圧の予防改善の効果もあります。このような事から、現在では食事療法と共に糖尿病の基本治療として実施されています。運動により様々な効果が期待できますが、糖尿病治療の一番の目的は、高い血糖値を下げる事です。運動をする事で、体内のエネルギーが消費されます。このエネルギーの消費により、血中の糖分量、いわゆる血糖値が低下します。この血糖値が下げる効果は、運動の種類や時間、運動強度によりますが、運動中や終了直後だけでなく、運動終了後もしばらく続くのです。

運動を快適に続けるコツは

糖尿病の診断を受け、さあ治療として運動を始めましょうといっても、今まで運動という運動を余りしてきた事が無い人にとっては、どうすればいいのか、迷ってしまうと思います。そんな時は、先ず日ごろ自分がどのように動いているかを思い返してみて下さい。家の中での家事や買い物、仕事であれば、物を運んだり比較的よく歩き回るといった事があります。このように、何かしら体を動かす事によって、運動と同じ効果が得られるのです。つまり、運動と銘打たなくても、普段どおり体を動かす事で、ある程度運動をしているのです。そして、歩数計や活動計を利用して数値化してみる事で、更に運動の実感が強くなってきます。もしも、このような日常生活の中での運動量が、適しているかどうかが分からない時には、主治医や理学療法士等、運動療法の専門家に一度尋ねてみるのが良いでしょう。